Author Archive

11月の行事・活動

2022-11-28

2022.11月1日(火) 

能登町身体障害者福祉協会では、会員同士の親睦を深めるため交流会を行いました
輪島市の朝市見学 ~漆芸美術館の見学・体験 ~イカの駅つくモールへ

 
                       沈金箸色付けを体験しました
                             
  
                            九十九湾を遊覧船で                         
             

 

 

 

 

 

▲ページ先頭へ

職員募集(一般職員・介護支援専門員)のお知らせ

2022-11-25

能登町社会福祉協議会で職員を募集しております 

   職員採用試験要項 
 ◇申込書兼履歴書(word版) 

※申込をされる場合は、採用試験受験申込書の提出も必要となります。

事前に、能登町社会福祉協議会または、ハローワークにお問合せください。

◇申込・お問合せ先

能登町社会福祉協議会 本所 72-2322

ハローワーク能登 62-1242

 

 

 

 

 

 

▲ページ先頭へ

10月の行事・活動など③

2022-11-02

2022.10.15 能登町老人クラブ連合会能都地区『健康ウォーキング』

  


 2022.10.19 ボランティア学習


宇出津小学校5学年道徳課の授業で
、ゲストティーチャーとして
ボランティア連絡会の河村会長にお話をしていただきました。
     後日、児童からお礼の手紙をいただきました
    『ボランティア』に興味を持ってくれるとうれしいです

   

 

   

 

 

 

 

▲ページ先頭へ

ふくしだよりのと第53号掲載クイズの答え

2022-11-01

ふくしだよりのと第53号掲載のクイズの答えを発表します!

 

問題は

内浦地区の新保にある、きれいな砂浜が有名な海水浴場は、

〇色ヶ浜」                                                

    答えは ②五 です!  

 

クイズにご応募いただいた皆さま、ありがとうございます。

当選者の発表は、景品の発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

次回の「ふくしだより のと」は来年3月発行予定です。ぜひご覧ください。                      

▲ページ先頭へ

フードドライブ

2022-10-28

食品の寄付にご協力いただいた皆さま、ありがとうございます 
 
能登町内の高齢者や障害者、生活困窮者等必要としている方々に
配布させていただきます 

         

 

◇ご寄付いただいたもの
米、缶詰、麺、インスタント食品、
レトルト食品、飲料、乾物、カンパンなど

 


 

 

 

 

 

▲ページ先頭へ

10月の行事、活動など②

2022-10-28

2022.10.23 母子寡婦交流会(ゆのくにの森)

加賀伝統工芸村『ゆのくにの森』で工芸体験をしました
細かい作業でしたが楽しいですね

            

◇能登町母子寡婦福祉協会加入募集◇
母子及び寡婦の福祉の向上、会員の親睦を目的とした団体です
子育てについての情報交換、親子のふれあい交流会、子育て教養講座などを開催
会費:1,000円/年


2022.10.26 赤い羽根共同募金活動

ショッピングタウンアルプにおいて石川県能登高等学校の生徒が、街頭募金を
を行いました

    

             
 

 

 

 

 

 

▲ページ先頭へ

10月の行事・活動など①

2022-10-28

2022.10.13 能登町福祉大会

福祉活動に貢献された31名と5団体を表彰いたしました
場 所:能登町役場2階里山ホール


        

2022.10.18 能登空港スポーツ大会

風があり少し肌寒い気温でしたが、室内での球技だったのでほっと安心
準備運動で身体をあたためてから
     

             

 

 

 

 

 

▲ページ先頭へ

フードドライブ◇ご協力のお願い

2022-10-06


フードドライブ実施のご案内    

                 

▲ページ先頭へ

10月の行事・活動など

2022-10-06

    

■2022年10月2日(日)能登町総合防災訓練に参加
 場所:柳田小学校

   

  


柳田小学校グラウンドのずっーと奥のテントが社協)
災害ボランティアセンターの運営について実際の流れを訓練。
        (受付~活動作業グループ割振り~作業完了確認まで)

ボランティア役として参加いただきました町民のみなさん、日赤奉仕団団員のみなさん、
ご協力いただきありがとう
ございました。

地震体験車、煙体験ハウスなどを体験。体育館内には、災害時用のテントが設置されていました。
地震の揺れは、なにかに捕まらないと飛んでいきそうなくらい激しいものでした。

訓練は、「パニック時に冷静な対処ができる」という、命を守るうえで重要判断力を身に付けるためにも効果があるようです。
防災意識を高め、訓練することが重要ということを実感しました。

  

 

 

▲ページ先頭へ

ふくしだよりのと第53号

2022-10-01

「ふくしだよりのと」をPDFにて見ることができます。

ふくしだよりのと第53号

 

▲ページ先頭へ
« 過去のページ